MENU

当店では、暮らし・心・身体を整える生活改善グッズを取り扱っています

こんにちは、 guest

教えて!まんぷく先生〜暑いときこそ冷え対策〜


夏バテの最大の原因は「夏は冷えない」という思い込み

本格的な夏になると体を冷やす人が増えてきます。

「え?こんなに暑いのに冷えるわけないでしょ!?」
と聞こえてきそうですが、いやいや実は夏の方が身体は冷えやすくなっているんです。

「寒いと感じること=体が冷えている」ということではありません。暑いと感じていても、

・上半身に比べて、下半身の体温が低い
・手足は冷たいのに、頭はボーっと熱い
・体の芯が冷えている

といった人は、夏の冷え性なのです。
すると、体の中のバランスが崩れて、夏特有の体の不調が起こりがちになるのです。


夏は“夏の体”になっている

人間には動物のように、冬毛や夏毛といった、季節による目立った体の変化がありません。

ですが目立たないながらも、冬と夏では体内環境は変わっているのです。
簡単に言うと、冬は熱を逃がしにくく、夏は熱を逃がしやすくなっています。

そのため、環境次第では冬よりも夏の方がすぐに体が冷えてしまうのです。

今は、家でも職場でも、出かけた先のお店でも、室内では常に冷房がかかっていますよね。

冷房が苦手で家では使用を控えている人も、職場や出先では避けることができません。

しかも、出先の温度調整は自分で自由にできないので「ちょっと寒いな…」と思っていても我慢するしかありません。
外で汗をかき、屋内の冷房で冷える。

これが繰り返し起こると、体も対応が追いつかず、知らぬ間に疲れをためてしまいます。


足と首を温めることが身体を冷やさないコツ

夏の冷えで注意すべきは、首と足です。

首の後ろ側、頚椎(けいつい)に近い部分を冷やしてしまうと、
頭痛・吐き気・めまいといった体調不良に見舞われることも。

首の冷えは、体にとって大ダメージなのです。
特に女性は男性よりも首が細いので冷えやすく危険。

ですから、普段からストールなどを持ち歩いて、
冷房が効いている空間では首にかけることをお勧めしています。


首に引っ掛けるだけでも首の後ろ側を守ることができます。
これだけで体調が良くなる人もいますので、ぜひ試してみてください。


もう一つ冷やしてはいけないのは、足元。夏場だからって、
ずっと裸足やサンダルは厳禁。冷気は足元に溜まりやすいのです。


こういった首や足の夏の冷え対策に、私はゆにわマートで扱っている笹和紙シリーズの、ストールと室内履きブーツをおすすめしています。
笹和紙は「くまざさ」という植物から作られた繊維。

とても通気性がよく、サラサラとした素材で着心地もよく、何よりも冷えることがありません。


体が重ダルく、調子がすぐれないという場合は夏の冷え性である可能性が高いです!
しっかり対策して身を守るようにしてください。


それでは今日もあなたにまんぷくが降り注ぎますように!